テニスが上達するのは自分の事をどれだけ知っているかである

4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s

和歌山でテニスが強くなりたいのであれば練習が大切です。しかし、ただ闇雲に練習をしていてもある程度は上達しますが、限界があります。

このときに「自分の事がどれだけわかっているのか」が重要なテーマとなります。ここでは自分の事がわかっていればなぜテニスが上達するのかについて解説していきます。ここで解説内容を理解すれば、もっと自分の事を知らなければいけない理由がわかり、実際に練習に活かすことができます。

いいところと悪いところを知る

まずテニスにおいて自分のいいところと悪いところを考えてみましょう。これを考えることによってさまざまな事がわかります。

例えば、「フォアハンドが得意だが、バックハンドが苦手」な選手がいるとします。バックハンドが苦手なので試合ではバックハンド側を狙われやすいです。そのためバックハンドを練習しなければなりません。

またフォアハンドが得意でポイントを取りやすいのであれば、「どのようにしてフォアハンドでポイントを取るのか」を考える必要があります。そのためフォアハンドでポイントを取る戦略を考えるようになるはずです。

当たり前ですが、テニスの試合において相手に得意なことをさせないようにしなければなりません。言い換えれば自分が得意なことをできれば試合に勝つ可能性が出てくるのです。

練習に取り入れる

トップ選手になってくれば、コーチの言われるとおりに練習をする選手が少なくなってきます。ただし、これはコーチに反抗しているわけでもありません。

自分の事がわかっているのでどういう練習をしたいのか自分で提案をするのです。そのためコーチとよく対話をします。

明確な目標を持っている選手ほど自分のことをよく理解しています。勝つために何が必要かを常に考えています。

例えば、普段負けている相手に対して「何が足りないから負けているのか」も考えています。サービスキープができないのであれば、サービスキープをする方法を自分で考えたり、または、コーチと一緒に考えたりします。

一方で、なかなか結果がでない選手はあまり自分のことを考えていないことが多いです。ただコーチに言われるとおりの練習をこなすだけ・・・

ただ練習をこなすだけの選手と自分と向き合って自分を理解しながら練習している選手ではどちらが強くなるのかが誰でもわかります

ここまで述べたように、和歌山でテニスが上達するには自分の事がをどれだけ理解しているのかが大切であることが理解できたと思います。

もし、今まであまり自分の事を考えていなかったのなら、ぜひ考えて練習をしてみましょう。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577