全力で練習する

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

和歌山のテニスの試合で一つでも多く勝ちたい、優勝したい。こう思う選手はたくさんいます。しかし、いくら勝ちたいと思っていても普段の練習で「練習だから」と言って手を抜いて練習している選手は強くなりません。試合で勝つためには練習でも全力でする必要があります。

ここでは全力で練習をしなければ強くなれない理由について解説していきます。ここで解説する内容を理解すれば、強くなるためにどうするべきかがわかります。

試合と練習を分けてはいけない

試合は練習してきたことがそのまま反映されます。そのため試合と練習はつながっているのです。

練習で手を抜いている選手が試合で全力を出せると思いますか。誰に聞いても無理と言うでしょう。普段から練習でも全力で取り組んでいれば、本番の試合でも問題なく全力で試合を戦うことができるでしょう

また、練習でできないことは試合でもできないのです。まず練習でできるようになれば試合でもできるでしょう。このように試合と練習は言葉は違っても結局は連動しているのです。

試合で全力で戦うための練習

各スポーツの頂点に立つような選手がどのような練習をしてきたのか聞かれると、どの選手も同じことを言います。「限界まで追い込んだ練習をしてきた」。

これは限界まで追い込まれたときに発揮される力を普段から出せる状態にしておく訓練です。このような限界を超えた練習を普段からしてるため、本番の試合で実力が発揮され、追い込まれた状態からでも勝利することができるのです

しんどい事を積極的にできる選手がその世界の頂点に立っています。しかし、プロでもなく学校の部活レベルであれば関係ないかもしれませんが理屈を知っておけば普段の自分の意識も変わります。

結局は普段から一生懸命練習をすれば強い選手になります。日常生活の癖と言うのはなかなか直せません。

例えば、普段から言葉が汚い人が就職面接などできちんとしようとしても無理なのです。

練習からきちんと思いっきり取り組んでいれば、試合でも実力が発揮されるでしょう。

ここまで述べたように、全力で練習をすれば試合でいつものチカラを発揮させることができます。あなたが大会でいい結果を出したいのであれば普段の練習から全力で行いましょう。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577