キッズテニスを学んで子供に運動させる

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

『小学校入学前の子供たちに、専門のテニスラケットやボールを使ってテニスを教えよう』というキッズテニスが日本に導入されました。
そしてテニスの活性化を目的としてキッズテニスは全国的に広まってきています。

ISTAでもキッズを対象としたレッスンを行っています。キッズテニスの中にさまざまな要素を取り入れ、子供たちが走ったり跳んだりボールを投げたり、いろいろな動きを遊び感覚で楽しむことによって基本的な運動能力が備わるよう工夫されています。

スポーツをするという型にはまった事でなく、運動をするという事で子供たちが健やかに育っていく上で体を動かして楽しんだりする機会作ったります。そして挨拶などのマナーを知っていくという事にもつなげています。

キッズテニスの目的はこんな楽しい遊びがあるという事を知ってもらいたい。そして将来本格的にスポーツを始めるときにテニスが一つの選択肢になればと思っています。

子供たちの安全性について

普段私たちが使っているテニスボールは大人でも扱いが難しく、ましてや小さい子供たちにとってはうまく打てるわけがありません。

キッズテニスで大切なことは子供たちにテニス楽しさを教えること。この目的を叶えるために生まれたのがスポンジボールとソフトボール(テニス用やわらかボール)です。

スポンジボールは軽いので小さな子供でも楽に打つことができ、また体に当たってもぜんぜん痛くありません。

ソフトボールも通常のボールに比べて素材はよく似ていて柔らかくできているので、少し上達し体力もついてきたら使っていきます。(幼稚園や保育園でのキッズテニス教室ではほとんどがスポンジボールを使用しています。)

また、ラケットも大人用のラケットは小さな子供には重くて長いので、長さが短くて軽いキッズテニス用のラケットがあり、小さな子供でも片手で扱うことができます。

しかし、ラケットの扱い方については、安全性を第一に考えております。例えばコーチが説明をしているときには胸の前に持つなどして打たないときの行動には十分配慮しています。

キッズテニスを行う場所についても通常は公園などの少しの広場でも楽しむことができますが、(狭いスペースではひも付きボールなどを使いボールが遠くへ行ったり人にぶつけたりしないようにします。)

幼稚園、保育園等のキッズテニス教室では園庭やホールなどで、小学校では体育館などを使って行います。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577