テニスを通じて子供のころから努力の大切さを学ぶ

b228b2567ec3fcfb2f3ce410bca55804_s

子供には無限の可能性があります。しかし、無限の可能性があるのであって、実際に何も行動しなければ可能性はゼロになってしまいます。

そこで、子供にテニスを習わせて努力することの大切さを学ばせましょう。子供のころに努力の大切さを学んでいなければ、大人になった時にぶつかる壁が非常に高く感じてしまいます。

ここでは子供のころから努力することの大切さを学ぶ理由について解説していきます。ここで解説する内容を理解することによって、子供のころから努力をする大切さがわかります。

壁を乗り越えられない

現代では、努力をすることを知らない若者が多く、就職しても壁を乗り越える努力を知らないのです。そのためせっかく就職してもすぐに仕事を辞めてしまいます。

これは、ゆとり教育などにより小さいころから努力することの大切さを教わってこなかったためです。小さい壁を努力によってクリアしていくことで子供には向上心が生まれます。向上心が芽生えると何事にも積極的になります。

積極的になれば、消極的な感情が少なくなるため自殺など悲しい事故を未然に防ぐことができます。

ISTAでは子供のころの教育が非常に大事だと考えています。テニスをはじめれば必ず壁が立ちはだかります。この壁を子供たちが努力によって乗り越えれるようにアシストすることがテニスコーチの使命だと思っています。

すぐに答えを与えず子供たちにヒントをあげて考えるように教えます。そして、壁を乗り越えて問題を解決することができれば、一つ成長します。

努力の積み重ねが結果につながることを小さいころから学ぶことが大切です。テニスにはこれらの努力の要素がたくさんあります。

例えば、試合中に体力がなくなって負けてしまった場合、原因は体力がないから負けたのです。この場合、次の試合までに体力をアップさせるように努力しなければなりません。

他にも、自分の苦手なところばかりを狙われたときも、努力のヒントがあります。苦手なところを狙われているのだから、苦手なところを克服するために技術力の向上の練習をします。さらに、苦手なところを狙われない戦略も必要であるため、考える力も身に付きます。

このようにテニスにはさまざまな事を学べる要素がたくさんあります。しかも、これらの能力は子供のうちにきちんと学んでおかないと後からではなかなか身に付かないものです。そうならないためにもISTAでテニスを学んで、努力をすることの大切さを学びましょう。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577