子供がテニスを始めるには興味を持たせる事が必要

cd1c7ccec442b51fb3de581e0c0e5cb0_s

最近、和歌山の子供たちの運動能力の低下が危惧されています。運動能力の低下は学力の低下にも結びつきます。学力を低下させずに学力を伸ばすためにはやはり運動することが一番です。そして和歌山市でスポーツを習わせてみましょう。

和歌山で習うスポーツの中には、錦織選手の活躍でテニスの人気が上昇しています。そこで、こどもにテニスを習わせみましょう。

しかし、子供と言うのは興味や好奇心がなければすぐに飽きてしまいます。和歌山で子供に何か習い事をさせようと思ったら、まず興味を持ってもらわなければいけません。

ここでは、こどもが飽きずにテニスを行うために興味を持たせる方法についてお話していきます。

ラケットとボールを使った簡単なトレーニングをする

テニスとは、テニスラケットとボールを使用したスポーツです。しかし、テニスを始めてすぐにちゃんと打てるようにはなりません。

テニス飛んでくるボールを打ち返す競技ですので、空間認識能力が必要です。空間認識能力とは物事を立体的に見る能力の事で、テニスでは飛んでくるボールの距離や軌道を予測するために使います。

あなたの子供が和歌山でテニスを始めるときに、いきなりラケットでボールを打とうとしてもうまくいきません。そのため子供にとっては面白くないので、結果飽きてしまうのです。

子供が飽きないために、まずはキャッチボールから始めてみましょう。キャッチボールをすることによって、テニスボールになれることができます。また投げる動作の種類によって、テニスの腕の振り方の練習にもつながるのです。

上からボールを投げれば、サーブやスマッシュの動作になります。そして、横からボールを投げれば、ストロークの動作になります。

遊び感覚でラケットを使用する

ある程度慣れてくれば実際にラケットを使用してみましょう。テニスはラケットという道具を介してのスポーツですので、ラケットの扱いがとても大切になります。

地面に置いたボールをラケットで転がしてみましょう。これをすることでラケットの扱いに慣れます。またラケットで転がすのは、親子でもできます。親子で転がし合えばコミュニケーションをとることができます。そして次にラケットの上にボールを乗せて歩いてみます。

できれば褒めてあげることが大切です。子供は承認欲求が強いです。承認欲求とは、褒めてもらって認めてもらいたい欲求の事です。褒められることによって上達意欲が沸き、飽きずに興味を持つことができます。そして「楽しい」と感じます

次に、ラケットの上でボールをポンポンと弾ませてラケットがボールをはじく感覚を学びます。そして、裏と表と交互にポンポン弾ませます。ここまでできればある程度のラケットの感覚が持てるようになります。そしてもっと興味を持つことができます。

ここまで述べたように、どのようにして子供に興味を持ってもらうかが重要になってきます。あなたの子供がテニスに興味を持ち続けるには、楽しいと言う感覚を持たせ続けましょう。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577