運動音痴はスポーツをすることで解消される

fbcc3544e3c404bf0e171e33807c171b_s

よく「自分の子供は運動音痴だ」「自分が運動できないから子供も運動できない」と決めつけている人がいます。実は運動音痴と言うのはありません。得意不得意はありますが・・・

ここでは運動音痴はスポーツをすることで解消される理由について解説していきます。ここで解説する内容を理解すれば、あなたの子供が運動音痴になることはありません。

子供のころから運動をしていれば運動音痴にならない

子供のころからきちんと運動をしていれば、運動音痴になることはありません。運動音痴と言うのは運動の仕方がわからないから、知らないからなのです。

例えば、ボールを投げるのが苦手な子供でも小さい時からボールを投げて練習すれば、普通に投げられるようになります。ボールを投げたことがない子供と普段から投げている子供では全く意味が違うことが容易に理解できると思います。ボールの投げ方を知らないだけなのです。

また、走るのが遅い子であっても、「運動音痴だから」ではなく単に筋力が弱いだけであることがあります。ほとんどの親は、運動音痴を言い訳に練習させようとしません。現状を認めてしまうのです。

そのため、その子供はずっと運動音痴のまま成長していきことになるのです。

遊びを通じて運動させれば運動音痴ではなくなる

親がスポーツをしているところの子供は「運動音痴ではない」とよく言われます。それは単に子供も親と一緒にスポーツをするなど運動をしているからなのです。いくら親がスポーツが得意であっても、子供が運動をしたことがないまま成長すれば運動音痴と呼ばれてしまうのです。

運動ができるかどうかは、遺伝でもなんでもなくどれだけ運動方法知っているかなのです。

だから普段から親が子供と一緒に外で遊んであげれば、自分の子供が運動音痴にならずに済みます。ボール遊びなど、ボールを使用した遊びが良いです。ボールを使用すれば、空間認識能力を鍛えることができます。

空間認識能力とは物体を三次元でとらえることのできる能力の事です。この能力は物体の距離や速度や位置を正確につかむことができます。空間認識能力がある子供はボールが飛んできても、簡単にキャッチすることができます。

しかし、空間認識能力がない子供はボールの距離や速度や位置などが正確につかむことができませんのでキャッチするのが難しいのです

この能力は球技をすることで鍛えられますので球技をさせてみましょう。

現在では、公園などでボールを使って遊ぶことを禁じている場所があります。そうなれば、和歌山市西庄のテニススクールなどに通うしか方法がないのかもしれません。

テニスというスポーツを始めてみる

子供の運動音痴を解消するのにはテニスを始めてみてはどうでしょう。

テニスはボールが飛んでくるところまで走って移動して打ち返します。そして試合では、戦略を練らなければ簡単に勝てないスポーツなのです。

テニスでは走ることによって脚力を鍛えることができます。また体力も付きます。テニスを続けていけば、運動音痴などすぐに解消することができます。問題なのは、運動音痴だからと言って運動ができないことを認めることなのです。

テニスを通じて試合に必要な戦略を練る頭脳は、学力の向上にもつながります。これは戦略を練るのに考えることで頭の使い方を身に付けることができるためです

運動能力にしても頭脳にしても、子供のころから訓練していくことで成長していくのです。そのため、子供のころが一番大事な時期であると言えます。

ここまで述べたように、運動音痴と言うのは訓練することで解消されることが理解できたと思います。そして子供が運動音痴にならないために普段から、親が一緒に遊びを通じて運動をさせてあげましょう。

そうすれば子供が運動音痴になることはないでしょう。また球技を行うのであればぜひテニスを検討してみてください。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577