スマホ依存にならないために

baf59dacaf2c90b9482cd62b75958def_s

現代では、スマートフォン(スマホ)の急速な普及により子供でも所有しています。そして、こどものスマホ依存が問題視されています。

子供がスマホ依存にならないためにはどうすれば良いか考えてみる必要があります。

ここでは子供がスマホ依存にならないためにどうするべきかを解説していきます。ここで解説する内容を理解すれば、子供がスマホ依存になることを防ぐことができます。

他にすることがない

スマホ依存の理由の一つに「ほかにすることがない」という子供がかなりいます。他にすることがないからついついスマホを触ってしまいます

昔はスマホがありませんでしたので、みんなそれぞれ別なことをしていました。昔は子供のころにプラモデルを作ったという話もよく聞きます。しかし現代ではスマホがありますので、インターネットだったり、ゲームをしたりと一台でできてしまいます。

スマホ依存になれば外の世界と隔離されます。そのためコミュニケーション能力も欠けていきます。これはスマホ以外に何か趣味などを見つけることが大切で、見つけることができれば防ぐことができます。

子供が自分一人で他にすることを見つけれないようであれば、親がサポートしてあげる必要があります。

スポーツを始めてみる

先ほどはスマホ以外になにか夢中になるようなことを見つけることが大切と述べました。そこで何かスポーツを始めてみればどうでしょう。

スポーツは身体を使います。そして身体以外にも頭も使います。身体を使って鍛えれば、病気になりにくい強い身体を作ることができます。またスポーツは頭を使って考えますので、頭の回転が速くなりそれが勉強にも活かされます。

他にも、スポーツは必ず人と接します。そのためコミュニケーション能力が培われます。コミュニケーション能力があれば引きこもったりすることが無くなるので必須の能力です。

これらはスマホではなかなか育てることができません。

テニスはあらゆる要素を鍛えるスポーツ

スポーツを始めるにしてもどのスポーツを始めるのか悩むと思います。こどもが気に入ったスポーツをさせるのが良いですが、おすすめにテニスがあります。

テニスはラケットを使う競技でボールを打ち合います。ボールの飛んでくるところまで走って移動して打つので身体が鍛えられます。

そして、戦略を考えてボールを打つコースを決めるので頭もよく使うスポーツです。さらに、強くなりたいのであれば「強くなるためにはどのような練習をすればよいか」など自己分析の能力も身に付けることができます。

これらの能力はすべて社会に出ていくために必要な能力です。こどもの頃からテニスを通じてこれらの能力を鍛えていけば、立派な大人として成長することができます

ここまで述べたように、スマホ依存にならないためにはなにか夢中になれることを見つけることが大事であることが理解できたと思います。そしてテニスはさまざまな能力を鍛えるスポーツです。

あなたの子供がスマホ依存になりそうならぜひ、なにか夢中になれることを見つけるサポートをしてあげましょう。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577