ゴールデンエイジにスポーツをさせると良い

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

親であれば自分の子供の運動能力が高く育ってほしいと思うはずです。これはゴールデンエイジにテニスなどのスポーツをはじめれば、運動能力が高い子供に成長します。

ゴールデンエイジとは6歳や7歳くらいの年齢で、この時期に運動をはじめれば身体能力が伸びやすいと言われています。

ここでは、ゴールデンエイジにスポーツを始めると良い理由について解説していきます。ここで解説する内容を理解することによって実際にゴールデンエイジにスポーツをはじめれば身体能力が向上することがわかります。

ゴールデンエイジは吸収が速い

ゴールデンエイジでは吸収が速いです。教えれば教えた分だけ成長すると言った感じです。この時期に様々なことを学ぶことによって運動能力が向上します。

例えば、「運動神経が悪くてボールを投げるのが下手だ」という子供がいたとします。しかし、普段からあまりボールを投げていないのであれば、ボールを投げる動作がわからないため当然なのです

そもそも、運動神経というのは存在しなくて身体が運動動作ができるかどうかにかかっています。そのためボールを投げるのであれば、何度もボールを投げて正しい投げ方の動作ができるように神経系を鍛えるのです。

大人でも初めての作業でスムーズに手早くこなせる人はあまりいないでしょう。繰り返し行うことによって慣れてきてうまくなるのです。

このように、ゴールデンエイジでは成長スピードが圧倒的に早いのです。

ゴールデンエイジを逃すといけないわけではない

いくらゴールデンエイジが良いからといってその時期を逃すともうダメと言うわけではありません。もちろんテニスなどスポーツを始める時期が早いにこしたことはありませんが。子供のうちに経験させると言うのが最も大事なのです。

小学生ぐらいであれば大丈夫でしょう。子供のころからテニスなどのスポーツを始めるのは、なにもトッププロになるためだけではありません。大人になってからでは遅く、子供のころから運動を通じて学ぶことが多くあるためなのです。

ここまで述べたように、ゴールデンエイジにテニスなどの運動を始めると、運動能力が向上しやすく、吸収が早く何でもすぐに覚えてしまう事が理解できたと思います。

ぜひあなたの子供に運動をさせてあげてみてはどうでしょうか。

無料で体験レッスンやってます。

和歌山市西庄のテニススクールISTA

TEL 074-454-8577